ゆぎログ

あいうえおんどりゃーっ

学内企業説明会とヒールの裏切り(ヒールだけに)

 

前の前の記事で

「次は学内企業説明会について書くよ〜〜」

て言ったのにふつーに違うこと書いてて

笑った。えへ

 

ゆぎです。

今日はほんとに説明会のはなし。

 

あのね、学内企業説明会はマジで行く価値しかない。行く価値しかないって日本語だいじょぶか?? 行くしかない。◯イナビの合説なんかより圧倒的にコスパがいい。

なぜかって、その大学の学生を取る気がメチャメチャある企業しか来てないうまくすれば大学OBOGか内定者を連れてきてくれるから。

まともな企業しか来ないので、そういう意味でも安心です。

ゆぎの通う大学だと、3月1日から1週間、1日40社くらいが説明に来てる。時間ごとにブースをまわるかたちなので、1日最大6社の説明を聞けます。(……エッすっげえな、規模)

わたしは業界をある程度絞ってるので、見るとこ見たらさっさと帰るか、ちょこっと興味あるところを覗いてみたりして。「あっここやっぱ違うわ」ってなってもへーきへーき。だってタダだし。

 

ちょっと大変なことといえば、会社が単独でやってる説明会と日にちがかぶること。

午前は会社→午後は学内企業説明会、みたいなのを毎日やってるとヒールも精神も擦り切れてきます、、

足に超ピッタリだと思ってたヒールが左の足の裏に水ぶくれを作りやがったので、愛犬にアキレス腱切られた気分です。エッ? ……えっ!??

 

まあでも、いわゆる本命な企業ばっかり来てるわけなので、それだけで満足しちゃうと怖いのかも??

ちょっとそこはまだ経験してないとこなのでわかんないです。

実際何社くらい受ければいいんだろ。

30社とかいうけどアホかって。

そんなに把握できるわけないやん?

 

 

 

 

就活へのうらみつらみハラミ

 ハラミ

たべたい

おにくーーーっ 

 

 

嘘みたいにねむい。

なぜかというと、今日のスケジュールのせい。

 

朝 ラッシュにもまれて都心に行き、会社説明会→グループディスカッション。ずっと緊張してた。

そんでそこが終わったら、別の会社のセミナーに。そっちは話聞いて終わりだったけど、何でかペンケース丸ごと忘れてきちゃった。何……だと……!?

f:id:rush-mm:20180227202626j:image

 やっとこさ家に帰ってきたらほんとこの顔

 

このあとwebテストを受けて、それで合否がわかったらES出して一次面接。

なんか、本当にめまぐるしいな。

ついこの間まで「この先の予定わかんないな〜」「就活こわ、準備しとこ……」つってのろのろやってたのに、急に怒濤。次から次へとやることが増えてく。

1社2社くらいならがんばろーって気合い入れっけど、これ10社20社やるのかあ。

 

うあーっまじかーッ!?!??

 

f:id:rush-mm:20180227203601g:image

 

 でもさ、これでもわたしは就活生の中でもまだマシな部類なんだよな。

  • 地方から遠征かけてるわけでもなく
  • 帰ってもご飯のない一人暮らし勢でもなく
  • 学歴フィルターで落とされる大学でもなく

それでこんなに苦痛って、おかしいよ。日本の就活事情。

わたしは文系大学生で、卒論でキャリア教育について書くつもりでいる。

先行研究を兼ねて、本田由紀さんの「もじれる社会」を読んでいると、まさにこの就活事情を問題視してて。

 

 大学卒業とともに就職して働くロールモデルが正しいとされ、現在の雇用政策はそのレールから落ちちゃった人をどこかの企業に「突っ込んでおく」だけで根本的な解決になってない、って話(だと思う)。

そもそも若者が「やりたいことがない」「自分が社会に出ると不安」つってるのは、高校の時点で普通科に進学して、そのまま勉強だけさせられて知名度の高い大学を目指させられるからだよね、もっと柔軟な専門性をつけて大人になるべきだよね、ってのも主張にありました。

あ〜〜!わかる!やっぱそうだよね!?

自分とりあえずこれはできるわ、っていう強みがあるだけで人間違うと思うのですよ。

とりあえず食べていける最低限のスキルさえあれば、それを強化するもよし、違うことにトライするもよし。

安心材料としての専門性、ほしいよね。

自分の出身高校のこと大好きだけど、専門学校に進む空気がなかったことは、ほんのちょっと恨んでるよ。わたし。

貫き通す意志の強さがなければ専門性もつけられないなんて、そんなバカな話あるもんか。

 

……

 

て、まあそんな話を卒論にしようと思ってるのです。

でもそれ以前に就活ね。イヤダイヤダ〜〜!!つってわめいててもどうにもならないし、もはや始まってるし。

 

でも、わたしより下の世代が、こんな不安な就活を経験しなくて済むような世の中に早くなりますように。

 

3月1日0:00、ザ・心配性の就活

 

3月1日になる瞬間、わたしはとても静かにして、リクナビの「時限爆弾」の数字が刻一刻と減っていくのを見つめてた。

 

 f:id:rush-mm:20180301165322p:image

直前にスクショ撮るこころの余裕はありませんでした

 

 

 

 

いま、2019年卒の就活は売り手市場らしい。

そう言われても、さっぱり実感はないけど。ひとつ上の先輩たちも、早々と内定をもらって就活自体終わらせた人もいれば、就職浪人するんや……つってる人もいて。

そもそも、業界も会社も志望内容もみんなちがうし、就活への備え方だってみんなバラバラなのに、比べようもないよね。たぶん。まあわたしこれからだからわからんけど。

 

で、3月1日0:00にプレエントリー出した結果どうなったか。

 

会社の方がスヤってて、返信が来たのは朝でした

 

来年就活するみんな〜〜!!!

就活支援サイトがいろいろ焦らせてくっけど、例外を除いては朝になってからで全然間に合うよ〜〜!!!!

 

例外っていうのは、超・大手企業。

BtoC(一般消費者に向けてビジネスしてる会社)で知名度がメチャメチャある企業だと、「朝になったらもう会社説明会の席がわりかし埋まっていた……」って声を聞きました。

おもに、食品メーカーとかメガバンクとかね。ふつ〜に生きてて企業名が耳に入ってくる会社を志望している場合、日付変更の瞬間に頑張ったほうがいいかもです。

会社説明会にいけないと、次のステップ進めないからね。エントリーシートすら出せないぞっ☆

 

いっぽう、わたしの志望するIT業界は全然そんなことなかったです。よゆー。

ひっそりし上映終了になるB級映画のシアターくらい余ってそう。知らんけど。

 

 

 昼間は学校主催の合同企業説明会に行ったので、次はその詳細を書こうかな。

 

就活と大学受験はわけが違う

 

って、気づくのに結構かかった。

こんにちは、ゆぎです。

行きたい企業の倍率が22倍で萎えました。

 

でもさ、母体数が多すぎるんだよね。

100人採用するとして、応募者が2200人。

これがたとえば東大だったら、そこには学力っていう明確な指標があった。つまり「学力がこのレベル以下の人はダメです」っていう共通認識が採用側にも受験者側にもあるから、めっちゃバカ(学力ね)って人はそもそも受けないし周りもそれを責めないの。

めっちゃバカ高通って 卍マジ卍 してる子どもに「東大受けなよ〜〜!」っていう親いないでしょ。

 

ところが一方、就職活動はそうじゃないじゃん。

採用の基準が「コミュニケーション能力」とか「挑戦を惜しまない人」とかふわっとしてるから、なんかそこらへんの人でも「あっ、イケるかも?」「うちの子いけるんじゃない??」つってさ。

まあ実際はSPIみたいな学力テストがあってポイされる人も多いわけだけど。

受験のときは受験者側はほぼほぼみんな同レベル帯にいる中での激戦なのに対して、就活は(まあ企業にもよるけど)ありとあらゆる多様性をアピールしてくる人たちによる骨肉の争いなわけだ。

 

これ、書くまでは「就活やだな〜〜まったく😡😡😡」的な文章になる予定だったんだけど、ここまで書いた感想はね。

 

採用担当の人、大変そう……。

 

だって、仮にここが東大なら、答案にマルバツつけて点数出したらあとは上からズラーッと並べるだけ。そんで頭のいい子をちょろちょろっと選べばいいじゃん。もちろんその過程でもめっちゃ労力使ってて、教授マジお疲れ〜〜て話なんだけどさ。

人事の人たちはなんだか良いとも悪いとも一概にはいいきれない若造たちを、ああでもないこうでもない、こいつは育ちそうだな〜とか言いながら延々考えなきゃいけないわけでしょ?  そんでいざ選抜して「どーですこの子!」って最終面接に連れてくわけじゃん。

どうすんの?いざ役員が見てみたら「あ、こいつポンコツだ」ってなったら。

人事、真っ青やん。

あれだけ金かけてインターンシップだの説明会だのして、連れてきたのこれ?つって言われたら死にたくなるよね、きっと。

 

そしたらこっちもこっちで、人事の人が「この子通してよかったな〜〜!」て思えるくらいには外面のいい人間になっとこうかな、と思うわけです。

 

 

推しと違う水辺にいる

 

時代に圧倒的に置いていかれている。

 

何の話って、インスタグラム。

日頃からあんまり写真を撮るという習慣がないわたしにとって、あれは向いてないとすぐにわかった。

最終更新日は半年前。その投稿も前のやつから3ヶ月くらい空いてる。友達がウェーイって写真をバカスカ上げてる中で、半年ROM。生存確認ツールかって。

 

カメラが趣味の人ってすごいと思うんだ。

一眼レフを(あの値段と重量と大きさにもかかわらず)持ち歩く人は言わずもがな、スマホですらカメラ機能の存在をわりと忘れる。

撮るとしたら、外食のとき。色鮮やかな料理の写真を前にすると、「あ、撮っとくか」と思う。

でも、下手。えっ!?つってビビるくらい下手。Foodieの力を持ってしても、なんかまずそう。2Dの領域を超えられない。おいしそ〜〜!!ってならない。

 

 f:id:rush-mm:20180225130039j:image

 

てか照明もあるよね。

上手な人の写真、絶対に撮影者の影とか写ってないもん。

 

f:id:rush-mm:20180225125834j:image

 

お店の人が上手に盛ってくれました〜〜イェ〜〜イッていう写真しか撮れない。よく見たらピクルス見切れてるしな! ピクルス嫌いだからまあいっか!!!よくねえ

 

f:id:rush-mm:20180225125856j:image

 

家だとこれな。環境よ。

白色灯の呪いと机のダサさ。

 

話を戻すと、Instagramのアプリを月レベルで開いてない。べつにいいんだけど、ひとつ問題があって。

大好きなモデルさんがInstagramにしか写真を載せてなくてさ、ツイッターの海で泳いでる限りいつまでたっても泉にはたどり着けないんだよね。

毎日泉に行ってももちろん更新されてない日もあるし、べつにいいんだけど、自分がインスタの存在を忘れるせいでツイッターの海で溺れてる。

はよ陸に上がって泉にいけ。

そこに飲める水はない。

 

でもツイッターだいしゅき

 

f:id:rush-mm:20180225132301j:image

推し 藤野有理 @onakaippainofjnと@fjn_yr

 好きすぎてユーザー辞書に登録してるから「ふ」って打つだけで出てくる。いつの間にやらアカウント名変わってたけど前のやつも諳んじられる。今いくつかいまいちわかんない(老けないので)けど22歳のころから推してる  老いても愛す

この画像はやっとこさ開いたInstagramより拝借しました

 

以上です。

 

 

可愛いは趣味

 

「可愛いものって、元から可愛い人にしか似合わない」

って、それは本当にそう。わかる。

でもね、最近わかってきた。

美人はともかく、可愛いはわりと作れる。

 

っていうか、外で可愛い人も、家にこもってケア放棄してたら可愛くなくなる。

髪は美容院に定期的にいかないとプリンになるしバサバサになる。

爪も爪切りでぱちんぱちん切ってたら二枚爪からの深爪・ささくれ・出血アワワワワ……

一日中家でゴロゴロしてゲームしてお菓子食べてたら太るし痩せないしむくむよ。

結構最近まで、世の可愛い方々はトレーニングとか好きなもの我慢したりとかようやってんな〜〜!て思ってたんだけど。

違うんだね。

たぶんあれは、自分がこれ以上可愛くなくなることに耐えらんないんだ。

可愛くなることが趣味なんだわ。

しかも人間社会って、他の趣味と比べてダンゼン評価されやすい構造になってるから、達成感も半端ないんだろな。

わたしも趣味でやってること褒められたいな!

い〜〜な〜〜!

 

大杉漣さん、大好きでした

 

文章をまとめるのに時間がかかってしまった。

 

大杉漣さんが亡くなってしまったね。

別にさ、鬼好き!!あなたのためなら財産全部課金しますんで!!!ってほどじゃないよ。

まずもって俳優さんつながりで映画みることそんなにないし、ドラマも内容つまんなそうだけど〇〇さんが出てるから見る〜〜ってのもない。

ふつうに内容で選ぶ。

 

でもね、大杉漣さんはそういうのじゃないんよ。

キャーーッタイプーーッ♡♡ってんじゃなくて、映画という景色に馴染んでる、バラエティーにいたらつい和んじゃう、そんな感じ。

いたら「おっ」てなる、そんな存在。

いかつい顔したおじさんがニコニコしてるだけで癒されるじゃん? 

そろそろこの人危ないな、って風でもなかったじゃん。

なんかそういう覚悟もなく、フッといなくなっちゃった。

世界から猫が消えたなら』って川村元気の小説があったけど、本当にそんな感じ。

もちろんその存在が消えたことで世界が止まるわけじゃないし、わたしはこれからも生きていくけど、存在があったことを忘れることはできない。

 

ファンというにはおこがましいくらい全然追いかけてなかった一般人の心の中ですら、その存在がずっと続いていくってのは、俳優という職業の最高地点なのではないかな。

大好きな大杉漣さんに、哀悼の意を表します。

どうか安らかに。