或る夜の仮初め

アルカリ

ホームタウンはまだ遠く

知らない街に住みはじめた。 坂が多くて、駅前にスーパーがあって、ほかにはなんにもない街。人がバスに乗って運ばれてくる街。 スーパーはパンとお魚が安くって、お肉が高い。ズッキーニをよく買うようになった。あれは焼いてもいいし、生でもおいしい。今…

読みかけの小説と、たのしいお寿司屋さん

研修開始からひと月半がたち、ゆるゆると日々が過ぎていきます。もうすぐ梅雨がきますね。あじさいの季節だ。楽しみです。 さて、このほど誕生日を迎えたのですが、なんと同期がお祝いしてくれました。 スタアバックスの紙袋はゆくゆくはレアものになるので…

定義を見失いかけてる

4月が終わろうとしていますね。 研修がやっと25%終わりました。 まだまだこれからって感じですね。 意外なことに、わりと毎日自炊をしていました。 ……レンジ料理は自炊に含まれますよね? ね? 照り焼き ちゃんと皿に盛っている… 炊き込みごはんが溢れかえっ…

オラオラオラ

毎日、研修を頑張っています。 今日はビジネスマインド研修とやらでクラスで一位になりました、やったね。 ということで もも肉を照り焼きにした お料理初心者なので、これでも頑張りました。チンしただけだけど。笑 熱々がおいしかったのに秒で冷めました。…

一人暮らしを始めるようだ

お久しぶりです。ゆぎです。 つい先日なんとか大学を卒業できたのだけど、社会人になるにあたり、つかの間の一人暮らしをすることになった。 @マンスリーマンション。 ……??? はて、何を準備すればいいのだろうか。ひと通りの家具はあるそうだけれど、詳細…

かわいいおばあちゃんになりたい

どうせ老いるならかわいいおばあちゃんにメタモルフォーゼしたいんですが、難しそうですね。 かわいいおばあちゃんとは何か 世のおばあちゃんをかわいいおばあちゃんとかわいくないおばあちゃんに分けるとします。 かわいいおばあちゃん お肌がもちもち 目が…

悪い感性に毒されるのはよくない。

悪い感性ってのは、まあ平たく言えば悪口がぽんぼん思いつくような感性のことです。 要は悪口言いたくないよねって話です。 悪口が浮かぶ思考回路 何かを見たときにまず最初に嫌なところが目について、それに囚われてグチグチ文句を言うのは一般的によくない…

ブログ名を変えました

昔好きだった個人ブログで、 『或る朝の仮初め〈アルカリ〉』 という名前でやっているところがあったんですね。 ピルクルを狂ったように飲む女性の 日常ブログでした。 物言いがすごくおもしろくて、 更新されるたびに爆笑してたんですけど、 いつだったか閉…

自己否定しない。

二重否定ですね(しないをしない) いろいろ調べてみると、 私のマインドがアレなのは 幼少期から自己否定を習慣化してしまっていることが 結局は原因なんじゃないかと思いました もう12年近くメンタルこじらせてるので 結構根深いよね、人生の半分以上だも…

自分を褒める。

松岡修造さんが、テレビで言っていた。 弱い性格を変える必要はないんだって。 なにかに苦手意識を持ってたとして、 失敗したときでもミスってないように振る舞う。 成功したときは、めちゃめちゃ自分を褒めてあげる。 そうすると、 できる自分をイメージす…

ものにはたいてい名前がある。

「自己効力感」というものがある。 心理学用語で、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できるかを、自分で認知していること。 たとえば、一人暮らしを考えたときに 「自分で自分のこと、できるかな?」 ってシミュレーションしてみて、 「ああ、で…

「美人じゃないけどかわいい」って、なんだろう。

わかりやすく美人なひとが好きです。 目がぱっちり二重で、 身体が華奢で、小顔で、 街を歩いているだけで二度見、三度見されるような。 趣味のひとつがSNSでの美人探しなんですが、 そういう目を惹く美人さんの内面が 意外と脆弱というか、 メンヘラ気味(…

自己開示による正常化。

友達と話してるとね、ちょいちょい 「自分、やばいな」 って思うことがあるんですよ。 人に比べてだいぶガサツだな、とか。 食べすぎだろ、とか。 まあいろいろ。 今回は具体的には、 肌の保湿とか化粧の雑さとかなんですけど。 自分の中で捉えている分には…

自己肯定感の乱高下。

自分に自信があるんだかないんだか、 よくわからない。 基本的に自分のことは好き。 でも昔いじめられたことがあって、 無視と悪口の標的になったあのまる1年と その前後の1、2年で 自分のメンタルの一部分が ぶっ壊された感覚がある。 自分なりに考え方…

人と会うとき性格が変わる。

今日、久々に友達とごはんに行きました。 その子、Kちゃんとは高校時代からの仲で、 あんまり人間関係に境界線を引くのは 好きではないけれど、 有り体にいえば親友のような間柄です。 最近、尚のこと 明け透けに自分のことを 話せるようになってきました。 …

「幸せホルモン」を自前で出す。

日垣 隆(2009) 『折れそうな心の鍛え方』幻冬舎 を、読んで。 日垣さんは、あるとき立て続けに 親しい方を亡くしたことから ウツ病(らしきメンタル虚弱状態)に なったとのこと。 ウツ病といってもグラデーションで、 日常生活に大きな支障をきたすレベル…

整形について

整形したいって思うけど、 まずは10kg痩せてからにしようねって 自分を宥めすかしてる。 とにもかくにも痩せないことには、 顔に脂肪が乗りすぎていて パーツの配置を勘違いしてしまうから。 バランスを欠いた顔ほど 恐怖心を煽るものもないと思って、 そう…

没頭するということ

「没頭」「夢中になる」が、苦手だった。 正確にいうと、 集中しそうになると、ハッと我に返って 周囲の安全を確認するかのごとく 周りを見回してしまう。 好きなことをやっているならまだマシで、 「気づいたらもうこんな時間!」 なんてことも多々あったけ…

集団がニガテ

集団行動がニガテな人は多いんじゃないかと思う。 私の場合は、集団のなかで空気になってしまうからだ。小学校のとき、クラスでチーム分けをするために黒板に名前を書き出すのに、みんなが思いつく順にクラスメイトの名前を挙げていったことがあった。クラス…