読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆぎログ

20代のうちに何しよう?

kindle paperwhiteを買うか迷う。どれだけスゴイのか比較してみた

本を読みたい。

でもお金には限りがあるし、本を一冊買うお金があったら少しいい服を買いたい気持ちのほうが強い。

家にモノを増やしたくない。

話題のハードカバー本も読みたいけど、重たくて持ち運んでなんかいられない……

こんなにワガママな消費者がいていいのかな、と思いつつ、電子書籍に興味を惹かれています。

(ちなみに)

kindleサービスは専用デバイスがなくても電子書籍を読むことができる。ただ、iPhoneだと蔵書数が増えるとアプリが落ちてしまうと聞いたので、専用デバイスを買おうか迷っています。

 

軽い

kindle paperwhiteは重さ205gWi-fiのみ)と217gWi-Fi+無料3G)。

文庫本一冊の重さの平均が159.3g、単行本ではソフトカバーで293.2g ハードカバーにもなると478.8gもあるらしい。500mlのペットボトルの重さに耐えられない私としては、ハードカバーの本は絶対に持ち歩きたくない……

そう考えると軽いなあ。200gって、スーパーで買うお茶っ葉ぐらいの重さしかないもんね。軽っ。

 

読めば読むほど元が取れる

「書籍にかかるお金を抑える方法」をいろいろ探してみたんですけど、それぞれ不満に思うところがあるんですね。

  • 中古を買う

→ 家にモノが増えるのが嫌

→ こまめに通うのが面倒。それに話題の本がなかなか読めない

  • 金券ショップで図書カードを買う

→ せいぜい2~300円しか安くならない

 

kindle paperwhite

  • 初期投資 16,280円

→ 正直いって高い。「これだけお金をかけたから読まないともったいない!」的精神が働いて、飽き性な私にはいい……のか??

  • Amazon Student会員なので、毎月一冊好きな本が無料で本が読める

→これは良すぎるサービス! 定価1,500円の本を読んだとして、約10ヶ月で元が取れる計算。(Student会員費は抜きにしてます)

  • いっぱい読むなら、kindle unlimited (月額980円)で読み放題のサービス有り

→んんん 個人的には読みたい本が少ないので微妙なところ。選り好みせずにいろいろ読みたい!って人ならいいのかも。

  • 線を引ける

→紙の本に線を引きながら読むのが苦手なので、この機能はめっちゃいい!

  • オフラインでも使える

Wi-Fi環境のある場所でダウンロードしておけば、あとでオフラインで読むことが可能。電車の中で読み放題!ちなみに電池もめっちゃ保つ(最大数週間に一度でいい)。

  • ただ、電子書籍になってない本もたくさんある

→ 今後、本の種類が増えていくとは思うのだけど、やっぱり紙の本も少なからず買うことになりそう。

  • 漫画が多い印象

→ 個人的には、漫画はあんまり買う気ないんだよね。なぜなら、いらなくなっても人気コミックは売ればお金になる。笑 でも、いつか利用するかも。

 

比べてみたら、どうして買わないのか理解できないレベル

普段から本をメチャメチャ読むならの話だけど。

でも、これから本をたくさん読みたい!って意欲のある人にとっては、必ずしもハードルの高い買い物じゃないのかもしれないなあ。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

んんん ポチっちゃおっかな……!?

 

 (追記)

雑誌をよく買う私には、モノクロのpaperwhiteよりもiOSアプリのほうが使いやすいのでは という考えもわいてきた。んんん