とてもしんどい

不健全女子が身体精神ともに健康体になるための備忘録です。基本的に、言ってることがその時々で変わりますが、事実の部分はあんまりそういうことのないようにするので、怒らないでください。

人と会うとき性格が変わる。

 

今日、久々に友達とごはんに行きました。

 

 

その子、Kちゃんとは高校時代からの仲で、

あんまり人間関係に境界線を引くのは

好きではないけれど、

有り体にいえば親友のような間柄です。

 

 

最近、尚のこと

明け透けに自分のことを

話せるようになってきました。

 

 

振り返ればいつもそうなんですが、

同じコミュニティーに属しているその時よりも、

卒業なり自ら離れるなりしたあとの方が

そのコミュニティーの人と

仲良くなれるような気がしています。

 

 

 

そんな友人Kちゃんと

ダイエットや憧れる(好きな)モデルさんの

話をしているうちに、

容姿に関しての悩みが少しだけ

ほぐれる瞬間がありました。

 

 

ついこの前、整形についてのポストを

あげたばかりだけど、

結局のところ、私は完全に自分を

説得させられるような理屈を

みつけられない限り、

 

(つまり世論が今よりも

整形に寛容にならない限り、)

 

整形はできないと思います。

整形して周囲に何か言われたとき、

そのまま言い返せずに、

自分を保てずに後悔するさまが

目に浮かぶから。

 

 

そして、その理屈を用意するあいだに

整形できるほど自分の容姿に

構っていられる時間は

なくなっていく、気がする。

 

 

結婚して(できたとして)、

そしたら子どもも産んで(産めたとして)

相手の方や子どもを説得して……

 

そうする覚悟があって尚

まだ「整形したい」と思っていたら、

まあするかもしれないですが、

 

どうでしょうね。

未来のことはわかりません。

 

 

 

たった一人、友人と話しただけで

こうも考えが変わるほど、

家の中で悶々と考えているときと

外で人と喋っているときで

性格が変わるんだなあ、ということに

自分でも驚いてる。

 

 

自分の言ったことに責任を持つのは

難しいね。

 

 

私には政治家とか絶対、むり。笑

ならないけど!

 

 

おわり。